ブリアン歯磨き粉の口コミはどうなの?ママたちの厳しい口コミ紹介!

ブリアン歯磨き粉の口コミはどうなの?ママたちの厳しい口コミ紹介!

子供虫歯予防のブリアンを試した厳しいママ達の口コミは?

 

子供の虫歯予防に効果があると、ちまたで話題のブリアンですが、厳しいママ達の口コミはどのようなものなのでしょうか。子供虫歯予防のブリアンの口コミについて、良い意見と厳しい意見の両方から探ってみましょう。

 

 

まず良い口コミから見てみると、一番多かったのは、子供が歯磨きを嫌がらなくなったという意見です。ブリアンを使っているのは2歳くらいの子供が多くて、普通の歯磨き粉では嫌がって大暴れするため、ママ達はとても困っていたようです。

 

 

それがいちご味のブリアンだと、自分から食後の歯磨きを待つようになって、ママ達は大助かりだという意見が目立ちます。ガミガミ言わなくてもよくなったので、ストレスも減って快適なようです。

 

 

早くからブリアンを使い始めた子供は、3歳を過ぎても虫歯になっていないという口コミも多いです。他のママ達からも、使っている歯磨き粉を聞かれることが多く、ブリアンをおすすめしているようです。

 

 

既に虫歯になってからブリアンを使い始めた人も、その後は虫歯になっていないという人や、歯医者の回数が減ったという人が多いです。

 

 

普通の歯磨き粉は泡だつので、洗っている気になるのと違い、細かい粒子で磨くため、子供の歯が白くてきれいになったというママもいます。舐めても食べても大丈夫なくらい安全なのも、厳しいママ達から高い評価を得ているようです。

 

ブリアン歯磨き粉の口コミはどうなの?ママたちの厳しい口コミ紹介!

 

次に低い評価を付けたママ達の口コミを見てみると、多いのは値段が高いので継続購入は難しいという意見です。もう少し安かったら継続購入するのに、という表現が多いということは、効果は期待できるけどコスト的に続かないということでしょうか。

 

 

しかし一方では、虫歯治療で歯科医院に通う出費を考えると、高いだけの価値はあるというママもいます。次に多かったのは、朝の忙しい時間に、粉状タイプのブリアンは面倒だという口コミです。

 

 

小皿に出していたら、子供がくしゃみをしても飛んでしまうのも不便なようです。ペーストタイプがあったらいいのに、という意見も多く見られました。

 

 

中にはブリアンを使用しても虫歯になった、効果が感じられなかったという口コミも少数ありました。使用頻度や使用方法、元々の体質もあるため、使った人全員が効果を実感しているわけでもないようですね。

 

 

ブリアンを試したママ達の口コミは、ほとんどが良い口コミで、少数の悪い口コミがあるという印象です。購入を検討している人は、どちらの口コミにもしっかり目をとおして、参考にしてみてください。

 

→ブリアン歯磨き粉の口コミを確認する

 

子供用歯磨き粉ブリアン

子供虫歯予防の力がある善玉菌のブリス菌とは何なのか

ブリアン歯磨き粉の口コミはどうなの?ママたちの厳しい口コミ紹介!

 

ブリス菌は、子供虫歯予防で世界中から今とても注目されている善玉菌になります。たくさんの研究者が実験を繰り返し、論文を発表しているブリス菌とは、いったい何なのでしょうか。ブリス菌の子供虫歯予防効果について、くわしく調べてみましょう。

 

 

善玉菌というと腸内に棲んでいる乳酸菌だと思うかもしれませんが、ブリス菌は唾液レンサ球菌という、唾液中に棲む細菌の一種のことを言います。ブリス菌は抗菌力が強い乳酸菌の一種で、特に効果が報告されているのが、BLIS M18とBLIS K12です。

 

 

二つの善玉菌は、オタゴ大学のジョン・タグ博士の研究チームが発見しました。博士は自身が子供の頃に、細菌による病気を患ったことから、健康な子供と病弱な子供の違いを研究するようになりました。

 

 

虫歯になったことのない子供からBLIS M18を、口の病気になったことのない子供からBLIS K12を発見したのです。

 

 

BLIS M18は正式名称をストレプトコッカス・サリバリウスM18といい、虫歯予防力にとても優れているといわれています。虫歯菌を抑える働きをする、特別なバクテリオシンを作る唯一の善玉菌です。

 

 

またデキストラーゼという酵素を作る働きもあり、歯垢を分解して口内に付着しにくくします。さらにBLIS M18は、ウレアーゼという尿素を分解する酵素も作ることができるのです。

 

ブリアン歯磨き粉の口コミはどうなの?ママたちの厳しい口コミ紹介!

 

歯は歯垢が発生させる酸によって溶けやすくなるのですが、ウレアーゼで尿素をアルカリ性にすることで、酸を中和することができます。これらのことから、BLIS M18は虫歯菌や歯垢の除去に優れ、歯を守る効果があるとされているのです。

 

 

BLIS K12の正式名称をストレプトコッカス・サリバリウスK12といい、口の中を健康に保つ力があるといわれています。サリバシンA2とサリバシンBという、抗菌効果の高い物質を作るのです。

 

 

またBLS K12は歯肉炎や、歯周病の病原菌が起こす炎症を抑える働きもあり、咽頭炎にも効果があるといわれています。ブリス菌は口の中で長く存在して働くことでも評価されていて、特にBLIS K12は口内の粘膜に付着する力が強いようです。

 

 

ブリス菌入りの歯磨き粉で歯を使い磨くことで、口内の善玉菌を増やすことができるでしょう。善玉菌が増えることにより、悪玉菌の虫歯菌もより除去しやすくなります。

 

 

だからブリス菌入りの歯磨き粉は、子供の虫歯予防に非常に効果的だと注目されているんですね。

 

→ブリス菌について公式サイトで詳しく見る

虫歯菌対策を本気でやるなら子供虫歯予防の歯磨き粉が一番なのか

ブリアン歯磨き粉の口コミはどうなの?ママたちの厳しい口コミ紹介!

 

子供の虫歯はできやすく悪化しやすいため、予防ケアが欠かせません。虫歯菌対策を本気でやるなら、子供虫歯予防の歯磨き粉で歯磨きを行うと良いでしょう。ここでは、子供の虫歯や歯磨き粉の効果について、ご説明します。

 

 

子供の歯は、大人に比べてエナメル質が薄く、柔らかい特徴があります。歯の中で神経が占める割合が多いため、虫歯が悪化すると痛みを伴うことが多いようです。

 

 

子供の虫歯における悪影響は、痛みだけではありません。その後の歯やあごの成長にまで、支障を来すことも考えられます。虫歯が出来て痛みを感じると、痛くない方の歯で咀嚼しようとしますよね。

 

 

体全体が成長している幼少期にそのような癖がついてしまうと、発語障害や顔のゆがみなど、様々な悪影響を及ぼすでしょう。磨き残しが蓄積されると、歯垢が溜まります。

 

 

歯垢から発生する酸によって、歯が溶けたり、虫歯や歯周病などのダメージを引き起こすことも考えられます。放置しておくと石灰化した歯石となり、歯磨きでは取り除きにくくなってしまうでしょう。

 

 

子供の虫歯対策には、甘いものを摂りすぎないことや唾液が増やすのが大切です。そして最も重要なのは、食事後にブラッシングをすることといわれています。しかし、ブラッシングだけでは虫歯予防が出来ないことをご存知でしょうか。

 

ブリアン歯磨き粉の口コミはどうなの?ママたちの厳しい口コミ紹介!

 

虫歯菌のエサとなる歯垢は水に溶けにくく、粘々して歯にくっついているため、ブラッシングだけでは十分に取り除くことが出来ないのです。そのため、子供虫歯予防には虫歯菌を除去する効果のある、歯磨き粉を取り入れるのが重要でしょう。

 

 

歯磨き粉には、歯垢を分解する働きのある成分が含まれているので、汚れを落としやすくする効果が見込めます。また酸によって、歯が溶けるのを防いでくれる効果も期待できるでしょう。

 

 

歯磨き粉を使用すると、虫歯菌を減らす効果もありますので、口内環境を清潔に保ち、虫歯の出来にくい歯にしてくれるでしょう。もちろん、歯磨き粉の効果はブラッシングと合わせてこそ、得られるものです。

 

 

食事をした後や就寝前に、虫歯予防効果のある歯磨き粉で丁寧にブラッシングすることが、一番の虫歯菌対策です。

 

 

子供虫歯予防の歯磨き粉には歯磨きを嫌がらないように、味が付いていたり、違和感が少ないテクスチャーにしたりなどの工夫がなされています。子供自ら進んで歯磨きをする習慣を付けてあげることで、子供の健やかな成長が叶うでしょう。

トップへ戻る