ブリアン歯磨き粉の口コミはどうなの?ママたちの厳しい口コミ紹介!

キシリトールは子供虫歯予防に役立つ?主な使い方とは

キシリトールは子供虫歯予防に役立つ?主な使い方とは

キシリトールは子供虫歯予防に役立つ?主な使い方とは

 

キシリトールは、歯に良くて虫歯予防ができるとして、一時期話題になりました。しかし最近では、キシリトールで子供虫歯予防をすることには、賛否両論があるようです。キシリトールは主にどう使えば効果的なのか、調べてみましょう。

 

 

そもそもキシリトールとは何かというと、虫歯にならない甘味料です。虫歯菌は砂糖などの甘味料が大好きですが、キシリトールは虫歯菌に取り込まれてもエネルギーにはなりません。

 

 

キシリトールが口の中にあると、虫歯菌が繁殖できなくて減っていくといわれています。また虫歯菌は糖分を餌にして、酸を作り出します。酸は歯を溶かす原因になるのですが、キシリトールでは虫歯菌は酸も作ることができません。

 

 

さらにキシリトールは歯垢をつきにくくして、歯の再石灰化を助けます。よって毎日キシリトールを摂取していると、虫歯菌が減って歯が丈夫になるというわけです。

 

 

しかし市販のキシリトールはいろいろな種類がありますので、少し注意が必要です。中にはキシリトールだけではなくて、他の甘味料が含まれている商品もあるからです。

 

 

歯医者さんの中には、100パーセントキシリトールのガムやタブレットを販売しているところもあります。市販の商品を購入する場合は、キシリトールの含有率とその他の糖分をチェックする必要があります。

 

キシリトールは子供虫歯予防に役立つ?主な使い方とは

 

含有率は少なくても50パーセント以上で、砂糖や果糖、ブドウ糖などを含まないシュガーレスのものを選びましょう。クエン酸や果汁も、キシリトールの歯の再石灰化の邪魔をしますのでNGです。

 

 

子供の虫歯予防で一番大切なことは、毎食後に歯磨きでブラッシングすることです。キシリトールも、歯磨きした後に食べると、成分が浸透しやすくなって効果的です。

 

 

摂るタイミングは、食後30分以内に摂るのがいいといわれています。ガムで摂取する時は、15分くらいは噛む方がいいです。ガムやタブレットを長く口に入れておくことで、唾液もしっかり出ますので、自浄作用が高まります。

 

 

3歳未満の小さい子供は、ガムは飲み込む危険性が高いので、タブレットの方が安心でしょう。一度にキシリトールをたくさん食べると、おなかが緩くなる子供もいるようです。その場合は、摂る量を減らすなどしてあげてください。

 

 

子供の虫歯予防は歯磨きをしっかりした上で、キシリトールで補助するのが効果的のようです。さらに歯医者さんで定期的に検診を受けたり、生活習慣にも気をつけながら、丈夫な歯を作っていきましょう。

トップへ戻る