ブリアン歯磨き粉の口コミはどうなの?ママたちの厳しい口コミ紹介!

親から子供へ虫歯菌がうつるきっかけと対策のポイント

親から子供へ虫歯菌がうつるきっかけと対策のポイント

親から子供へ虫歯菌がうつるきっかけと対策のポイント

 

一昔前は、親が咀嚼したものを子供に食べさせるなんてことがありましたが、今はご法度ですよね。親から子供へ虫歯菌がうつることが分かってきたためです。子供の虫歯を防ぐために、虫歯菌がうつるきっかけと対策のポイントを良く知っておきましょう。

 

 

虫歯の原因は、ミュータンス菌と呼ばれる細菌です。ミュータンス菌は、赤ちゃんの頃はまだ口の中にありません。しかし唾液などを介して、人から人へと感染してしまいます。

 

 

菌がうつるきっかけは、食べ物や飲み物、食器、キスなどでミュータンス菌を含む唾液を介することです。ミュータンス菌をもつ親が口を付けて食べたものを、そのまま子供に与えたり、大人の箸で子供に食事を与えることが感染の原因となってしまいます。

 

 

キスも同じように、唾液を介するものとなります。ほっぺにキスなら大丈夫、と思うかもしれませんが、頬に付いた親の唾液が子供の手に付き、それを口に加えてしまうと感染してしまうのです。

 

 

ミュータンス菌の感染による口内の細菌バランスは、2歳7か月頃までに決まるとされています。その頃の細菌バランスは、ほぼ一生変わることはないとも言われています。

 

親から子供へ虫歯菌がうつるきっかけと対策のポイント

 

ミュータンス菌をできるだけ少なく抑え、虫歯の出来にくい歯にするために、親御さんの対策が重要となるでしょう。

 

 

対策のポイントは、二つあります。まず一番に、親の唾液を子供の口に入れない、ということです。食器や箸は家族であっても分けて、使用後はしっかりと洗剤で洗いましょう。

 

 

食べ物に関しては、予め取り分けてそれぞれの皿に盛りつけると、唾液の混入を防ぐことができるでしょう。回し飲みや回し食べ、歯ブラシの接触に気を付けると、感染の確率は低くなります。

 

 

子供は可愛くても、虫歯予防の観点からいうとキスは厳禁です。子供の健やかな成長のために、他の方法でスキンシップを取り、愛情表現してみてはいかがでしょうか。

 

 

次に、親御さん自身が、虫歯菌を減らす努力をすることも大切です。半年に一度は歯医者へ行き、虫歯の予防や治療を行いましょう。

 

 

口内を清潔に保つため、虫歯予防の歯磨き粉やデンタルフロスを使用して、歯磨きを行うと良いでしょう。虫歯菌がうつらないようにするには、親御さんの目配りや努力が欠かせません。

 

 

小さい頃に気を付けると、生涯にわたっての虫歯リスクを減らしてあげることができます。何気ない日常生活の行動でミュータンス菌がうつらないように、対策を行っていきましょう。

トップへ戻る