ブリアン歯磨き粉の口コミはどうなの?ママたちの厳しい口コミ紹介!

子供の永久歯を虫歯予防することは本当に可能なのか

子供の永久歯を虫歯予防することは本当に可能なのか

子供の永久歯を虫歯予防することは本当に可能なのか

 

乳歯から生え変わったばかりのキレイな永久歯は、一生丈夫なままでいてほしいと思いますよね。子供の永久歯が虫歯にならないように、予防することは可能なのでしょうか。ここでは、永久歯に生え変わった歯の虫歯予防に?ついて、詳しくまとめました。

 

 

大体6歳頃になると、下の前歯が抜け始め、前歯から順に生え変わっていきます。乳歯から、大人の歯へと生まれ変わるときです。永久歯は、生えてから二年ほどの間は虫歯になりやすいと言われています。

 

 

生えたばかりの永久歯はエナメル質が柔らかく、酸に対して弱いからです。さらに乳歯の更に奥に生える6歳臼歯は、最も虫歯になりやすい歯といってもいいでしょう。

 

 

食べ物のカスが溜まりやすく、歯ブラシが届きにくいので磨き残しやすい歯なのです。永久歯が生える頃、今まで行ってきた仕上げ磨きをしなくなることがあります。これも虫歯ができる原因の一つといえるでしょう。

 

 

永久歯は12歳頃を目途に生え揃います。ここまでで虫歯ゼロを達成できれば、その後の虫歯リスクはグンと下がると言われているのです。子供の永久歯を虫歯から守るために、次のことに気を付けましょう。

 

 

もっとも大切なのは、大人による仕上げ磨きを、小学校高学年になるまでは続けてあげることです。子供はまだ、隅々まで歯磨きができません。また、乳歯と永久歯とが混ざっているとデコボコしているので、隙間や歯肉の間に汚れが溜まりやすい状態です。

 

子供の永久歯を虫歯予防することは本当に可能なのか

 

就寝時は口内細菌が活発になるので、寝る前の歯磨きでは是非仕上げ磨きを行い、しっかりと汚れやカスを取り除いてあげてください。6歳臼歯の磨き方にも、気を付けましょう。

 

 

6歳臼歯は完全に生えるまでに一年ほどかかり、その間は隣の歯との高低差がある為、磨き残しが生じやすい部分です。そのため、ピンポイントで意識して磨くように心掛けましょう。

 

 

虫歯予防効果のある歯磨き粉を使用したり、デンタルフロスを使うことも効果的でしょう。歯磨きの方法として、歯ブラシの毛先をしっかりと歯に当て、小刻みに動かします。

 

 

歯が抜けているところも、ブラシの持ち方を変えて、隣の歯の側面を磨き残さないように気を付けましょう。

 

 

子供の永久歯は、気を抜くと虫歯になりやすく、一度虫歯になると、その後も虫歯や歯周病のリスクと隣り合わせになるでしょう。

 

 

永久歯が生え始めた時点でケアを見直し、正しい歯磨きを行うことで虫歯を防ぐことは可能です。永久歯が生え揃う頃まで虫歯ゼロを目指し、お子様自身に正しい歯磨きが身に付くようにしましょう。

トップへ戻る