ブリアン歯磨き粉の口コミはどうなの?ママたちの厳しい口コミ紹介!

子供の乳歯を虫歯予防・あごの発育にも関わる大切なこと

子供の乳歯を虫歯予防・あごの発育にも関わる大切なこと

子供の乳歯を虫歯予防・あごの発育にも関わる大切なこと

 

子供の乳歯の虫歯を、いずれ抜け落ちてしまうからと放置してはいませんか。乳歯の虫歯は、子供の成長に大きな影響を及ぼしてしまうのですよ。ここでは、子供の乳歯の虫歯予防とあごの発育の関係性について、詳しくまとめました。

 

 

まず、乳歯の役割や特徴についてご説明しましょう。乳歯が生えてくるとともに、あごも発達し顔の輪郭を整えていきます。また発音を助けたり、今後永久歯が生えるときに綺麗に揃うようにサポートするなどの役割があります。

 

 

乳歯は永久歯に比べて柔らかいため、虫歯になると神経にまで届きやすい特徴があります。根元には、これから生えてくる永久歯がスタンバイしている状態です。

 

 

乳歯の虫歯菌が神経にまで達すると、永久歯にも定着しますので、永久歯が虫歯になりやすい状態で生えてきてしまうのです。

 

 

乳歯の虫歯も、大人の虫歯と同じように痛みが生じます。食事の時に痛くない方の歯で咀嚼をしたりして、無意識のうちに歯をかばってしまうでしょう。これを繰り返してしまうと、噛み合わせにズレが生じて、あごの発達に影響が出てしまいます。

 

 

子供のあごは、歯が噛みあい、それを日々繰り返していくなかで成長していくものです。あごの発育が正常に進まないと、あごが狭く、小さくなってしまうでしょう。

 

 

このことから、乳歯の虫歯はあごの発育にも大きく関わるといえるのです。また、あごの発育に歪みが生じると、永久歯の生え方にも影響を及ぼします。

 

子供の乳歯を虫歯予防・あごの発育にも関わる大切なこと

 

乳歯の根元で生育している永久歯が形成不全を起こし、変色や凹んだ歯の原因となってしまうでしょう。小さいあごに歯が生え揃おうとするので、必然的にガタガタした歯並びになってしまうのです。

 

 

永久歯が生え揃い、しっかり?み合わせることができる丈夫なあごにするためには、乳歯の頃からの虫歯予防が欠かせません。乳歯の頃は、虫歯になっても大人の様に黒くならず、白く濁ったようになります。

 

 

気付かずに放置してしまいやすく、症状が悪化し、神経にまで達することも多いようです。食事の後、特に就寝前には必ず歯磨きを行うように心がけましょう。子供は、奥歯などの歯ブラシを当てにくい部分を、磨き残していることが多いものです。

 

 

仕上げ磨きをしてあげることで、隅々まで磨き上げることができますので、虫歯予防に効果的でしょう。定期的に歯医者に行き、虫歯予防や治療を行うことも大切です。

 

 

いつか抜け落ちてしまう乳歯ですが、あごの発育に大きく関わる大切なことであると、お分かりいただけたでしょうか。発育が順調に進むように、乳歯が生え始めたときから、虫歯予防の対策を行いましょう。

トップへ戻る