ブリアン歯磨き粉の口コミはどうなの?ママたちの厳しい口コミ紹介!

歯医者に通って子供虫歯予防・どんな事が効果的なの?

歯医者に通って子供虫歯予防・どんな事が効果的なの?

歯医者に通って子供虫歯予防・どんな事が効果的なの?

 

最近は虫歯になっていなくても、定期的に歯医者に通うのが当たり前になってきました。子供の歯は虫歯になりやすく、成長に大きく関わるので、早い段階での対策が重要なのです。

 

 

ここでは歯医者に通うべき理由や、予防に対してどんな事が効果的なのかについてまとめました。

 

 

子供の歯は乳歯であれ永久歯であれ、大人の様に強くはありません。エナメル質が薄く歯が柔らかいため、虫歯の原因となる酸にとても弱い性質を持っています。

 

 

この頃は歯の中を神経が占める割合も多いので、悪化すると痛みが生じやすく、噛み合わせに影響を及ぼすことも考えられるでしょう。

 

 

発育に影響が出ると、歯並びも悪くなり、磨きにくいガタガタした歯になったり、形成不全の歯になる原因にもなってしまうのです。子供時代の虫歯が原因で、将来に渡って影響を及ぼすことが無いように、歯医者に通って虫歯予防の対策を行いましょう。

 

 

?歯科医師ならではの幅広い知識によって、適切なアドバイスや指導を受けることができます。例えばブラッシング指導です。子供の場合は、正しいブラッシングの知識も技術もありません。

 

歯医者に通って子供虫歯予防・どんな事が効果的なの?

 

基本のブラッシング方法から、その子の歯の生え方に見合った方法まで、親と子に向けて指導を行ってくれるでしょう。歯の生え変わり時期は特に、噛み合わせや歯並び、骨格の形成などの発育状態や、それが原因で虫歯になるリスクが気になりますよね。

 

 

早い段階で医師に診てもらうと、噛み癖などを抑制させるためのアドバイスを受けられますので、影響を最小限に抑えることができるでしょう。

 

 

歯科医院では、虫歯予防のための治療も行っています。フッ素塗布は、虫歯の原因である酸に対して、抵抗力の強い丈夫な歯を作る効果が期待できます。

 

 

酸の生成を抑制する働きもあり、子供虫歯予防に役立つでしょう。初期の虫歯を修復する働きである、再石灰化を促す効果も期待できます。

 

 

口の中の汚れは歯磨きだけで取り除くことは難しいとされていますので、フッ素効果で歯を丈夫にして虫歯になりにくい状態にすると、予防効果が高くなるでしょう。

 

 

シーラントは最も虫歯になりやすいとされる奥歯の溝を、専用のプラスチックで一時的に埋める治療方法です。細菌が入り込めなくなるので、シーラントを知った部分には虫歯が出来にくくなる効果が期待できます。

 

 

子供の頃から歯を大切にすると、大人になった時の虫歯のリスクは大きく下がります。自宅でのケアと合わせて、歯医者での効果的な虫歯予防によって、健康な歯を育てていきましょう。

トップへ戻る