ブリアン歯磨き粉の口コミはどうなの?ママたちの厳しい口コミ紹介!

子供虫歯予防にキスは厳禁なの?スキンシップとのバランスについて

子供虫歯予防にキスは厳禁なの?スキンシップとのバランスについて

子供虫歯予防にキスは厳禁なの?スキンシップとのバランスについて

 

子供が生まれると、自分でもおどろくほどの愛情が溢れ出してきて、かわいくてたまらないですよね。毎日キスしている人もいるかもしれませんが、実は子供虫歯予防にはキスは厳禁だといわれています。スキンシップと虫歯予防のバランスは大事です。

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯菌は存在していません。ではどうして虫歯になるのかというと、家族の唾液から虫歯菌が感染するからだと言われています。

 

 

さほど唾液感染が注目されていなかった昔は、お母さんが噛み砕いたものを子供に食べさせたりしていました。しかし子供虫歯予防に対する関心が高まっている現在は、口移しで食べ物をあげたりするのは、絶対にダメだと言われています。

 

 

もちろん一緒に暮らす大人達の口内に、虫歯菌が全く存在しないというのなら問題ないのでしょう。しかしその可能性は低く、唾液から虫歯が伝染するのは、親の責任だと強くいう歯医者さんも多いようです。

 

 

口と口でするキスからも、虫歯菌は伝染してしまいます。ですから子供虫歯予防では、キスはしてはいけないと言われています。直接的なキスでなくても、関節的なキスでも虫歯菌はお口に入ってしまいます。

 

 

コップの飲み物を回し飲みしたり、自分が使ったお箸やスプーンで食べ物をあげるのも、唾液感染しますのでNGです。少しでも大人の唾液がついているものは、子供に触れさせないようにする必要があります。

 

子供虫歯予防にキスは厳禁なの?スキンシップとのバランスについて

 

虫歯は大人から感染することが広く知られるようになり、大人達が気をつけることで、小さい子供が虫歯になるリスクを減らすことができるのです。

 

 

しかし子供がかわいくて、キスしたくて仕方ないというお父さんもいるでしょう。子供とスキンシップをとることは、とてもいいことですし、ストレートな愛情表現もいいでしょう。

 

 

そこでスキンシップの際は、口へのキスは厳禁というルールを作っている人が多いようです。おでこや頬へのキスなら、ぎりぎりセーフというところでしょうか。しかしキスした部分を、子供が手で触って舐めてしまうことを心配する人もいます。

 

 

そういう人は頬と頬をすりすりしたり、ぎゅっと抱きしめたりすることで、スキンシップをとっているようです。大人が虫歯菌を伝染させないことは、とても有効的な子供虫歯予防になります。

 

 

かわいい子供が虫歯だらけになるかならないかは、大人の意識にかかっているといっても過言ではありません。避けられるリスクは避けるために、キスしたい気持ちをぐっとおさえることも大切です。

トップへ戻る