ブリアン歯磨き粉の口コミはどうなの?ママたちの厳しい口コミ紹介!

子供虫歯予防のために身に着けさせたい正しいうがいの習慣

子供虫歯予防のために身に着けさせたい正しいうがいの習慣

子供虫歯予防のために身に着けさせたい正しいうがいの習慣

 

子供の虫歯予防に歯磨きはとても大切です。しかしながら、うがいをきちんとすることで、さらに歯磨きの効果を倍増させることができるようです。正しいうがいで子供虫歯予防をする方法を知っておくべきですね。

 

 

ひとくちにうがいといっても、大きくわけて2種類のうがいがあります。一つは喉から菌が入るのを防ぐために、外から帰った時にするガラガラうがいです。そして虫歯予防に効果があるのは、口をすすいで汚れをとるくちゅくちゅうがいです。

 

 

くちゅくちゅうがいができるようになるのは、だいたい2歳くらいからだといわれています。3歳になると、約半分の子供ができるようになるようです。

 

 

しかしながら、ただ水を口に含んで吐き出すだけでは、うがいの効果も少ないといわれています。水を飲み込むことなくうがいができるようになったら、正しいうがいの習慣をつけることで、虫歯予防を効果的に行うことができます。

 

 

正しいうがいの方法を身につけるメリットは、まず子供が歯磨き粉で歯磨きできることです。そして、自分でくちゅくちゅして吐き出すことで、磨き残しや食べカスもきれいにすることができます。

 

子供虫歯予防のために身に着けさせたい正しいうがいの習慣

 

食後の歯磨きの後にうがいするだけでなく、何か食べたり飲んだりしたらくちゅくちゅする、という習慣をつけておくととても効果的です。くちゅくちゅうがいで大切なのは、少し強めに水を歯に当てるようにすることです。

 

 

最初はうまくできなくて当然ですが、できるだけ強く何回もくちゅくちゅすることを意識して、うがいする習慣を身につけさせましょう。

 

 

では、どうやってうがいの習慣をつけさせるといいのでしょうか。うがいを教えるためには、まずコップで水を飲むことを覚えなくてはいけません。飲むことを覚えたら、次は飲み込まずに吐き出すことを教えます。

 

 

そして、次に口に水をためておくことを教える、というふうに順番にできるようにしていきます。口をくちゅくちゅする練習は、お父さんやお母さんも一緒にくちゅくちゅするとわかりやすいです。

 

 

まずは水を使わないで、口の動きだけ練習だけするのもいいでしょう。うまくできないあいだは、水をたらしてしまったりするので、お風呂での練習がおすすめです。

 

うがいをすると、口にいっぱいいる菌を出すことができると教えることで、子供が上手にうがいできるようになったというお母さんもいます。子供のペースに合わせて、あせらず少しずつ練習することが、正しいうがい習慣をつけさせるコツのようです。

トップへ戻る